2016年09月16日

四暗刻… その未来はあかんわ / 咲-Saki- 第165局「混戦」感想

咲165005.JPG
 
 花田煌の5800な和了。
 ドラの2ソーを切って、より上がりやすい待ちを選んだ感じに。(4ソー切りは跳満まで見える手だけど、三枚使いで残りが赤い5万とドラの2ソーが出るとは思えないので、こっちのほうがよさ気な気も。3ソーで三色ならありうると思うし)
 
 なお。
 「ほな新道寺の花田さんはそれを見越して9ソーを待ちに加えたん?」は、6ソーの誤字っぽい。
 
 
咲165001.JPG

 その打ち方を見た江口セーラと誰か(フキダシの位置と口調的に竜華?)の会話でも、花田煌にセンスがあることを匂わされている。
 
 花田煌、今後強キャラ化ありうるかも。
 
 
咲165002.JPG
  
 
 五位決定戦の先鋒戦が終わったところで、清澄のメンバーが出陣。
 「おう」「はい」が最初、おっぱいに見えて、何二人であわせておっぱいいうてんねんと思ったことは内緒だ。
 
 
 来週から決勝卓中心になるのかな……?
 五位決定戦だけOVAとかやってくださってもいいのですわよ。
 
 
咲165004.JPG
posted by 真鯛 at 06:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本編(五位決定戦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年09月02日

がんばりどころの がんばりどころ… でしょうか / 咲-Saki- 第164局「素晴」感想

咲164001.JPG
 
 ドラをわざと切って「安いよー」は、Bブロック二回戦の中堅戦に似たのがあった。
 
 それを見て「メッセージ…… ですね」と言えるっつーのは、咲の世界の麻雀文化が相当熟している証拠かも。
 
 
咲164002.JPG
 
 未来が大きく変わると、次の未来がしばらく曇る……というのは面白い。
 
 でも曇る……ってどういう感じなんだろう。
 次の一巡が見れなくなるというのは前提として、どう違ってくるんだろう。
 それとも、能力が新しいバージョンになってから、一巡またずにまた未来視が見えるようになってるとか?
 
 
咲164005.JPG
 
 このすばらはかわいいっ。
 
 
咲164006.JPG
 
 園城寺怜が一局不思議な手を打っただけで、すぐこんな風に分析できるというのはすごい。
 これでも、新道寺での五番手以下。
 
 各校の参謀キャラ=最強キャラというわけではない、のだから、知識や洞察力の凄さは麻雀力に比例しないというのはわかっていたつもりだけれど、この洞察力をもっても弱キャラというのは咲世界の雀力は相当高いレベルにあると考えても良さそう。
 
 
咲164003.JPG
 
 重大発表は実写化と来たかっ。
 深夜ドラマで四話ってことは、どうするんだろ。キリの良い長野決勝まで終わらせるとかできるのかな。
 でもそうすると、映画化は難しそうだし。
 
 それともオリジナルストーリー?
 
 国広一や薄墨初音の服装はおいといて……。まず問題なのは、のどっちのおっぱい。
 再現がかなり難しい。
  
 
posted by 真鯛 at 09:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本編(五位決定戦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年08月06日

未来視対策……? / 咲-Saki- 第163局「炸裂」感想

咲163002.JPG
 
 ○○が降りてくるとか、魔術妖術超能力系の力には反応せずに、麻雀そのものに対して影響力のある、江口セーラ、清水谷竜華、辻垣内智葉あたりだと反応する……とか?
 
 
咲163001.JPG
 
 もしこうしたらこうなって、こうしたらそうなって……という仮定の未来視が自然にできてるのは正直チート。
 これによって、他人の手の内がもっともっと読みやすくなる。(一巡で得られる情報量が増えるため)
 
 例えば今回の例だと、本内成香の手の内には、「切らなかった牌」があることがわかる。
 また、複数名がテンパイしている時や、複数名が哭きを入れたい時は、さらに手の内を読めるようになる。
 
 
咲163004.JPG
 
 なるほどー。
 ダマにしておけば、「リーチをかけられるはずだったのに、哭いてずらされる」ということがなくなる。
 
 また、チートイツを意識して打っていたら、「上重漫は上の方の牌が重なる」というデータを持っている相手に、「下の方の牌」で打ち取ることができる。
 ここらの「自分の特徴を意識した裏のかき方」は、玄「ドラを捨ててリーチ」宥「あえて寒い牌待ち」灼「ピンズの多面待ちでリーチができるのにしない」と、阿知賀編で行われていたりする。
 
 自分の特徴をよく知る相手と何回も打つと、自然とそうなってくるのかも。
 
 
posted by 真鯛 at 15:46 | Comment(1) | TrackBack(0) | 本編(五位決定戦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年07月15日

誰が呼んだか── 一巡先を見る者!! / 咲-Saki- 第162局「予知」感想

saki162001.JPG
 
 ちょっとした打ち筋にて、いままでの怜とは違うことを見破る二人。
 能力バトルものによくある手法といえばそうなのだけれど、能力を使った時に、その能力の価値を瞬時に見破るのって実力者である証明にもなっている。(まあ、これは能力に限らず、ある有能なキャラの有能さを見分けるのって、やはり有能なものがその役割を担っている場合が多い)
 
 つまり、サブに回っている千里山の六人目もかなり強い。(もう名前忘れた……)
 
 
saki162002.JPG
 
 前回の記事で書いてたことは大間違いだったぽい。
 能力が強化されたわけね。
 
 となると、リーチ棒が燃える演出は、強化版「一巡先を見る者」だった可能性も。

 この能力がどれくらい強いか……だけど、結構極悪。
 複数の選択肢を見れるようになったら、弱点がかなり克服されるし。
 (でも、これ、どうなんだろ。この能力を使ったあとは、次の一巡が見れなくなるとかあるのかな……)
 
 
 関連記事:園城寺怜の能力はどれくらい強いのか?
 
 
saki162004.JPG
 
 このシーンも意外と重要。
 園城寺怜が相手の能力を感知できる察知能力もあるということと、上重漫も能力が察知されるくらい力があるということ。
 
 これでふと思ったんだけど、五位決定戦って半荘一回勝負だから、短いながらも全員の見せ場を一つずつは作ってきてくれるかもしれない。
 
 
posted by 真鯛 at 09:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本編(五位決定戦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年06月25日

私が一緒にいたいんは怜ちゃんやから / 怜-toki- 第一局「折衝」

toki007.JPG

toki001.JPG
 
 咲のスピンオフ第五弾は怜。
 長寿作品だけあって、第一話の扉絵に主要キャラを出し、これからの展開に期待させることができるってのはいい感じ。
 
 ちょこんと写ってるメンバーたちとの出会いが超楽しみ。
 
 
toki010.JPG
 
 これ、おそらく「…むに」が「名前」プラス「に」。(ひらりと舞った葉の下にも、…が隠されている可能性も。最大三文字。れいむとか、らいむとか、そんな名前……? 麗夢とか、来夢とかの漢字を予想。竜華の親族だとしたら、並べても違和感のない名前。かつ「怜」を「れい」と読んだ場合と似てる字が入っているか、死んじゃっているが故に悲しい名前とか? ひとまず玲夢か来夢と予測)
 
 「…て…から」は「似てるから」。
 
 つまり、怜は、「○むに似てるから」が本当のところだと思う。
 
 
toki009.JPG
 
 それを踏まえると、「大切な人にならない」の意味もドラマ的に推測できる。
 大切な人になりすぎると、失うと辛い。(おそらく、「○○む」ちゃんは亡くなっている)
 
 それが、将来の「怜が倒れた時にむちゃくちゃ心配する竜華」に繋がる……のだと思う。
 
 
 追記。
 ってなことを書いてましたが。
 コメントで頂いた「まむ」のほうがシンプルでしかもしっくり来ます。
 高そうな赤い宝石を持っている理由、将来膝枕を得意とする理由などにも、すっとつながりますし。
 
 
toki008.JPG
 
toki002.JPG
 
 竜華の象徴を「赤い宝石」に置いてる。
 自分とは違うスタイルに憧れている構図。(龍門渕透華→原村和もそうかも)
 
 
 百合ではないのだけれど、対比構造ネタがものすごくあった「スクールランブル」にも、八雲が沢近愛理を表現する時に、「熱く激しい赤い光を放つ宝石のようなひと──」というのがあったりするのを思い出した。確認してみると18巻。
 
 
 あと面白いのは、漫画のコマ割。
 漫画の特殊なコマ割でないとありえない位置に竜華のペンダントがあり、漫画のコマ的にはそれを眺めているような視線になっている。
 
 
 「怜」編での竜華の瞳の色を深い赤に塗ったのは、このペンダントの色に合わせるためかも。
 
 
toki003.JPG
 
 胸が痛い、は現在の状況を表すと同時に、将来の病気の予兆を示す伏線として使っている可能性も。
 
 
toki005.JPG
 
 「一発!」「……ならずや」は、愛宕洋榎も言ってたセリフ。
 これからも、どこかで関西勢が使っていたセリフがちらほら見られる気がする。
 
 わざとカンして差し込む竜華の接待は流石。
 
 
toki006.JPG
 
 「だったら、麻雀で勝負よ!」な昔の麻雀漫画、あるいは麻雀ゲーム的なセリフ。
 「咲-saki-」シリーズって、過去の麻雀作品のパロディっぽいネタを意識して沢山つかっている気がする。いやパロディというよりも、オマージュ寄りで、リスペクトしながら麻雀漫画やゲーム自体を一緒になって盛り上げている漢字。
 オリジナルネタがものすごく多いのであまり指摘されていないけれど、過去の麻雀作品をものすごく読んで、それらをしっかり咀嚼した上で「咲-saki-」を送り出そうとしているイメージ。
 
 
posted by 真鯛 at 13:54 | Comment(8) | TrackBack(0) | 怜-toki- | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年06月17日

ダブリーか…こんなん当たったら事故やわ / 咲-Saki- 第161局「戦友」感想

saki161002.JPG
 
 前の160話は、このブログ的に書くことがなかったのでお休み。(能力的に、闘牌分析とシナリオ構図分析くらいしかできないとも言う……)
 と言うか、5位決定戦普通に本誌でやるのね。
 
 
 上重漫のこのセリフは即振り込みのパターン。
 
 
saki161b002.JPG
 
saki161b001.JPG
 
 過去もそうであるように、見事なフラグ……。
 
 
saki161001.JPG
 
 よく見ると、リーチ棒に炎が出てる。
 いつもは目から炎とか、後ろに炎とかなんだけれど、園城寺怜の場合はリーチ棒が燃えるのか。
 ファイアーリーチ棒ってことなら、どこかの麻雀ゲームにありそう。(稲妻リーチ棒はある)
 
 というか、普通に一巡先が見えるのね。
 
 
saki161004.JPG
 
 どこかで使ってくると思っていたネタがようやくっ。
 
 
 というか、このリーチはすごい。
 三面待ちを潰して中ぶくれの単騎待ち。
 
 
 だとすると──。
 
 三萬:麻雀王国四萬:麻雀王国五萬赤:麻雀王国五筒赤:麻雀王国六筒:麻雀王国六筒:麻雀王国七筒:麻雀王国二索:麻雀王国三索:麻雀王国三索:麻雀王国三索:麻雀王国六索:麻雀王国七索:麻雀王国八索:麻雀王国
 
 という形から、六筒:麻雀王国を切ったら、対面がを切ってきて、上重漫が哭いて、六筒:麻雀王国をツモってきて裏目る未来が見えた。
 なので、園城寺怜はその未来を変えて、二索:麻雀王国を切った……んだと思う。
 
 
 と、書いてましたがっ。
 すみません。間違えてました。
 
 コメントで指摘をいただいたことから考えてみましたが、これ、少々特殊だったのかもしれません。
 最初から中ぶくれ六筒:麻雀王国を読んだ可能性が一番シンプルです。
 
 
posted by 真鯛 at 06:51 | Comment(4) | TrackBack(0) | 本編(五位決定戦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年05月20日

かっこいいとこば見してください! / 咲-Saki- 第159局「準備」感想

咲159002.JPG
 
 サブメンバーが登場!
 実際にサブメンバーが打つところも見たかった気もするけれど、園城寺怜がどう打つかが見たい。
 
 ダブルはなしにせよ、一巡先を見つつ、それを周りがどう対処するのか。
 
 
咲159003.JPG
 
 やっぱり、二人でお風呂に入ってるじゃないかっ!
 
 百合百合探検隊の記念すべき一回──。
 竜華&怜編でかいたこの記事!
 
 麻雀ゲーム&麻雀アニメあれこれ:百合百合探検隊(竜華&怜)
 
 
 二人が一緒にお風呂に入っていたことを言い当てていたわけだがっ!
 
 
咲159004.JPG
 
 幼いころの満面の笑みと、それに対比されるような沈鬱な顔。
 
 ……ぬぬ?
 ということは、今は若干ナーバスな感じになっているということか。
 
 でも、かつて満面の笑みで打っていた描写があるのだから、「将来この笑みと同じような笑顔で打っているシーンが描写される」という予告でもあるのかも。(ハッピーエンド系のシナリオの場合は……だけど)
  
 
咲159007.JPG
 
 なんとなく大七星という役満を思い出した……。
 
 Wikipedia:麻雀のローカル役(大七星)
 
 
 まあ、でも、咲が「頂」を司るので、「月(天江衣)」とか、「山(高鴨穏乃)」とか、「飛翔(ネリー)」とか、「星(大星淡)」とか「高さ」を司る相手になってる。
 (なお、「臨海」という名前はコクマで国内戦を終えた後、「海外編」を意識したネーミングだと思う。ここらは『ピンポン』の海王学園、修羅の門の「陸(陸奥)と海(海堂)」など、結構多くの漫画で使われているお遊び)
 
 
posted by 真鯛 at 16:28 | Comment(1) | TrackBack(0) | 本編(五位決定戦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2016年05月06日

お…同じく中3の十曽湧です… / 咲-Saki- 第158局「前夜」感想

saki158001.JPG
 
 ちょっと待って。
 ふたりとも結構ドストライク。
 
 来年のインターハイの闘牌はよ……。
 

saki158002.JPG
 
 ここに来て姉帯豊音のお団子ツインテール……。
 ……こっちの髪型をデフォルトにしてもらってもいいのよ?
 
 
saki158003.JPG
 
 なんかしらダラダラモードの江口セーラ。
 こういう描写いいなー。
 
 と言うか、負けたチームのこういうあれこれを描いてくれるのは咲のすごく素敵なところだと思う。
 
 
saki158004.JPG 

 決勝戦前に五位決定戦をやっちまいそうなくらいの力の入れ方。
 
 さて問題は……。
 「普通に打つだけやったら大丈夫ですから 何とぞ何とぞ 出場させてください」のセリフ。
 
 「普通に打つだけやったら」が、能力の封印を意味しているのか、それとも一巡先を読むくらいは大丈夫なのか。
 
 先鋒戦は、園城寺怜、花田煌、小瀬川白望神代小蒔かあ……。
 ……ではなく、本内成香、上重漫かあ……。(なんか素で間違えてました)
 
 
 花田煌ちゃん、死んじゃう……!
 花田煌ちゃん、勝てるかも……!
 
 
 ちなみに、優勝予想は千里山。
 ふつー。
 
 
posted by 真鯛 at 06:38 | Comment(4) | TrackBack(0) | 本編(準決勝) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする