2016年10月07日

アイ・アークタンダーってプロがいたんですよ / 咲-Saki- 第166局「邂逅」感想

咲166001.JPG
 
 前から親父っぽい怜だったが、結構普通に揉んでるし、竜花も抵抗してないし、周りも誰も咎めていない……。
 もうこれが普通の千里山の光景なのね。
 
  
咲166003.JPG
 
 あくまで予想にすぎないんだけど、アークタンダーあるいはアークタンデは、アレキサンダーの現地語読みっぽい。
 咲では、民話や神話などを由来にしたネタはあるけど、歴史上のあれこれはあえて入れていない印象だったけれど、これからはどんどんそういうの入れてくるのかな?
 
 
咲166006.JPG
 
 荒川憩やダブル宮永の名前があがってる。
 だけど、辻垣内智葉や江口セーラや愛宕姉は名前が上がっていないのね……。
  
 すごい世界だ。
 
 
咲166002.JPG
 
 
 咲サーガ(と読んでもいいよね……)の次は国麻かそれとも世界選手権か。
 世界を狙うのは超楽しみ!
 
 臨海の四人は当然として、ニュージーランド代表にエイスリンとか来る展開が熱そう。
 ……ただし、宮守の四人が入ってくるかは謎。
 
 
咲166004.JPG
 
 髪型を変えると結構印象が変わるなあ……。結構かわいい。
 咲では結構髪型を変えて、キャラのイメージをどんどんリフレッシュさせることが多い印象。
 
 というか、マント……。
 
 
咲166005.JPG
 
 単行本はまとめて12月!
 
 
posted by 真鯛 at 10:26 | Comment(4) | TrackBack(0) | 本編(五位決定戦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。