2017年10月20日

リザベーションシックス!! / 咲-Saki- 第181局「応酬」感想

saki181e.png
 
 五位決定戦副将戦も佳境。
 
 しかし、こんな自分の腕で潰れるのが見れる柔っパイが画面に映るなら、視聴率高いわ……。
 
 

saki181d.png
 
saki181c.png
 
 絹恵ちゃんは丸いのでピンズが得意。
 
 髪型と出身地由来で、たこ焼きとかも意識してる?
 ……しかし、そんなことを言い出すと、愛宕洋榎がカニ道楽に。
 
 あ……。
 今更だけど、「食の街大阪」+「水の都大阪(昔は水路が大発達してた)」を意識して、愛宕洋榎=カニ(かに道楽)、愛宕絹恵=タコ(たこ焼き)、上重漫=フグ(フグは大阪名物)と、大阪の美味しいものを髪型のイメージした?(といっても、この説、真瀬由子=サザエと末原恭子=クジラあたりが微妙なところ……)

 
saki181b.png
 
 あ、こういうの超好き。
 盤面に集中しているというかは別のことを考えてる風なんだけど、それゆえに力が抜けて、競技に対する自然な向き合い方になって、その人ならではのパワーアップになってるというやつ。
 
 他の作品でも似たようなものを見たことがあるんだけど、何かは思い出せず……。
  
 
saki181a.png
 
 「リザベーション」のコンボにおける一本場って、来るかどうかわからないものだからこそ、勝負ができる状況と思ってる。
 失敗しても、「その時の親が連チャンしない限りは生まれない局」なので、リスク的には少ないし。
 
 もし成功すれば、何がなんでも「その時の親に連チャン」させれば、姫子の和了が確定となるため、0本場時に姫子だけが場を動かせるすごく有利なカードを得ていることになる。(もちろん、そのカードがうまく機能するかは不確定)
 
 「次コンボが来るかも……」と思わせることができれば、親が安い手で和了りにくいし。
 
 
 ところで。
 リザベーションシックス!!
 って、音韻からリザベーションセッ……。
 ……いや、何でもない。
 
 
posted by 真鯛 at 07:00 | Comment(1) | 本編(五位決定戦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2017年10月06日

ロコちゃん……… / 咲-Saki- 第180局「利害」感想

咲180f.png
 
 今回は真屋由暉子がかわいい回。
 撮影したスクショを見返すと、ほとんどが真屋由暉子だった……。
 
 局の進行が早いのと、捨て牌その他が見えないことがおおいのと、能力による打牌がないので今回の感想も、かわいいかわいい言ってるだけになりそう。
 
 
咲180.png
 
 この驚き顔、すごく好き。
 
 
咲180e.png
 
 副将戦途中の点数を見てみると──。
 
 千里山 : 126700点 
 姫松  : 120900点 
 新道寺 : 102200点 
 有珠山 : 050200点 
 
 上位三つはどこが来てもおかしくない感じ。
 
 次の大将戦はそれぞれに実力がある清水谷竜華、末原恭子、鶴田姫子だし。
 有珠山もエース獅子原爽だけど、相当頑張らないと大変そう。
 
 
咲180d.png
 
 左手に浮かんだ謎の文字。
 ……わからん。
 どこかのブログで考察されていることでしょう……。
 
 追記。
 コメントで教えていただきました。
 浮かんでいる文字はフェニキア文字の「y」にあたる文字なようです。
 
 だとするとヤーヴェとか……?
 知ってるのがそれしかないからそう思っただけなんだけど、検索してみると他のブログでもかなり昔にそう考察されていたのを見つけたので、ものすごく周回遅れ。
 
 
 なお、咲最新刊(17巻)は2017年11月25日!
 
 
posted by 真鯛 at 08:00 | Comment(3) | 本編(五位決定戦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする