2011年04月04日

スーパーリアル麻雀P4

 今日はP4。
 相変わらず『スーパーリアル麻雀グラフィティ』から。


WS000549_R.JPG


 2と3の難易度は鬼畜だったけれど、これは比較的簡単だった。
 というのも、先行リーチできれば、愚形でもほとんど勝てたから。

 P2とP3が強かったので、もうちょっと難易度を下げてと言われたのかも。


WS000985_R.JPG WS000969_R.JPG


 相手は、こちらがテンパイしなければ、7〜10巡目くらいにリーチして、そのさらに4〜6順後にツモるというのがパターン。
 時々、序盤にいきなりロンされる。

 ここから考えると、おそらく相手には最初からテンパイしている配牌が用意されているんだと思う。

 だけど、いきなりダブリーをすると難しすぎるので、序盤は様子見。
 ロンできる牌が出てもリーチをかけていない場合、ある程度見逃し。

 それで中盤まで来たら、リーチ。
 その数順後にツモ。

 という風に流れが組まれている気がする。
 まあ、麻雀AI作るよりも、最初からテンパイ仕込んでおくほうが楽だしね。
 だからこそ天和が多かったのかな、と思ってる。配牌時にテンパイが仕込まれている場合、難易度が最大なら、一つ目のツモで上がるのを見逃さない。だから、一定の確率で天和がでるというように。


WS000974_R.JPG WS000986_R.JPG

WS000993_R.JPG


 オープニングとエンディングはネタがつながっている。
 Pを愛菜が、Iを悠が持ってきたところで、もう一つIをP2の香澄が持ってこようとして、Vを持ってきた香織に弾き飛ばされるオープニング。
 一方、スタッフロールすら終わった後に、オープニングのパロがある。
 Iのパネルを持っているショウ子がやってきて、一人たたずみ、誰もいないことに涙する。


WS001003_R.JPG WS000997_R.JPG


 
posted by 真鯛 at 01:44 | Comment(0) | スーパーリアル麻雀 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: