2014年01月22日

慕におけるイーソーと鳥の暗喩

慕と鳥_002.JPG

 咲-saki-には、そのキャラを象徴する牌のようなものがある。

 咲の象徴牌は、五筒(花)。
 衣の象徴牌は、一筒(月)。


 参考記事:長野県決勝戦における「花」の咲と「月」の衣


 シノハユの慕における象徴牌は、最初の画像に上げたように、一索(鳥)。
 それを以下見ていく。


慕と鳥_003.JPG

 「おかーさん…………」とつぶやいた時にアップになっている牌が一索


慕と鳥_004.JPG

 見上げた時に見えた親子鳥。
 ここで慕はおかーさんの事を思い出し、麻雀大会への参加の意思を確定させる。


慕と鳥_006.JPG

 慕の見せ場。
 一索が三枚揃う和了。

 親子鳥が「慕、おかーさん」の暗喩なので、三匹の鳥は「慕、おかーさん、リチャードソン(父代理)」ということなんだと思う。実際、幸せな家庭がある生活を取り戻すために、慕は麻雀を打ってるんだし。


慕と鳥_007.JPG

 ゲットしたメダルにも鳥が。


慕と鳥_008.JPG

 最後、リチャードソンと仲直りした時も、最後にはまる牌は一索
 これら画像以外にも、沢山の一索と鳥の描写がある。


 そもそも……と言ってはなんだけど……。
 単行本の折り返しのところにあるのが、以下のイーソーの画像だしね。


慕と鳥_001.JPG
posted by 真鯛 at 22:24 | Comment(2) | シノハユ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 ヾヽヽ
 (,, ・∀・)
  ミ_ノ
  ″″
Posted by 1羽でチュン! at 2014年01月23日 20:48

   ヾヽヽ    ヾヽヽ
   (,, ・∀・) (,, ・∀・)
    ミ_ノ    ミ_ノ
    ″″    ″″
Posted by 2羽でチュチュン! at 2014年01月23日 22:12
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: