2014年02月27日

くるくる過多が好きなアニメの改変は淡においてはNGだった可能性

 アニメ版のくるくる好き

 アニメ版は、漫画版と違って回転を超強化しているケースがある。

 ・竹井久のホワイトボード回転
 ・片岡優希の椅子回転
 ・大星淡の逆回転


淡の逆回転b_001.jpg

 この内、淡の回転に関してはやり過ぎだった可能性があるかもしれない。
 という推測を以下。


 動作と能力の関係

淡の逆回転_002.JPG

 動作と能力には関係がある場合がある。

 例えば白糸台の弘世菫。
 指をぴくりとさせた後、視線が狙う相手の方に向かう。

 これはアーチェリーで弓を引いて的を狙う動作を重ねたものだろう。


淡の逆回転_003.JPG

 こういった癖や動作は能力に密接な関係があるかもしれない。
 ……というのを抑えた上で、淡の能力を見てみる。


 淡の逆回転

淡の逆回転_004.JPG

 大星淡の能力は「絶対安全圏」+「ダブルリーチ+カン裏もろ乗り」。
 漫画版では和了の後、270度の逆回転で牌を倒すという癖がある。

 この270度という数字がある現象と符合している。


淡の逆回転_006.JPG

 淡のダブル立直の和了り牌が固まっている「最後の角」を平均すれば、270度くらい。
 ようするに、漫画版での和了り──270度逆回転は、能力が生み出した「270度先の角」で必ず和了るといういびつな現象をリセットする意味を含み、「270度逆回転させて巻き戻すイメージ」が描かれたのではないか……と。


 ただし、以上の思いつきの証拠はない。
 「270度」という文字としては書かれていない重なりを2つ見つけただけのこと。

 ……なんだけど、本当にそう設定されていたかもしれないのでメモ代わりに。
 (能力と動作が関係しているという例はこれからも出てくるだろうから、その気付きのヒントに)


 以下、追記。


 リーチ時(270度?)

淡ぐるぐるb_001.JPG

淡ぐるぐるb_003.JPG

 よくよく考えたら、淡のダブリー動作も手牌から一旦ひねって横隅に置いてから回転させて普通のリーチポジションに置いている。
 これも通常の立直(90度)とは一旦逆に置いているので270度と言えそう。


 積み棒の横置き(270度?)

淡ぐるぐるb_002.JPG

 それだけじゃなく、積み棒も横置きをしている。(通常は縦置き)
 縦に対する横なので、90度か270度かは不明。
 とは言え、横(90度、あるいは270度)なので、考察的には補強できそう。

 なお……積み棒を縦に置く理由は簡単で、チーとかポンとかをしても見えるように。
 淡の置き方だったら隠れちゃうな……。

 と書いてましたが、咲-saki-ではほとんど横置きのようです。(阿知賀編を読み直してたら、照の連荘で気づいた……)


淡ぐるぐる_001.JPG

 ……よく見たら270度に言及されてた……。
 船Qが、ダブリー270度って言ってる。


 
posted by 真鯛 at 01:19 | Comment(0) | ちょこっとネタ、思いつき | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。