2014年02月18日

頑張り屋さんな神代小蒔はどれくらい強いのか?

神代小蒔_003.jpg

 神様が降りた姫様は強い。
 描写の意図を組むと、「支配を超えた運命改変の力」があると思われるほど。


 では……。
 「神様が降りてくる前の普通の姫様」はどれくらい強さなのか?


 点数推移

神代小蒔_002.jpg

 以下、わかっている神代小蒔の点数推移を。

東1局0本場 片岡優希の4000オールで、4000点減点。
東1局1本場 
東1局2本場 
東1局3本場 上重漫の8000直撃で、8900点減点。


 前半戦東2局スタート時点で、87100点。
 後半戦南3局終了時点で、75700点。


 以上より、「頑張り屋さん一人」で戦ったトータルは、14局でマイナス11400点


 雑感

神代小蒔_001.jpg

 対戦相手を考えると、かなり頑張っている。

1.宮守で先鋒を任せられるマヨイガの小瀬川白望。
2.シードに入っていないのがおかしいとまで言われる姫松の先鋒、上重漫。
3.東場限定だが化け物クラスの片岡優希。

 この三人の強豪を相手に半荘以上打って11400点のマイナスで踏み留まっているのだから。
 (前半戦東2局、小瀬川白望のマヨイガでマイナス6000点の親っかぶりを食らったことを考えると、残り13局をわずか5400点のマイナスで凌いだことになる)

 色々な無能力プレイヤーが能力者に混じってもそれなりに戦い切っているように、頑張り屋さんモードの神代小蒔も支配力や特殊能力はないにせよ、しっかりと降りたりきっちりと和了ったりするベースの力はあるのではないだろうか。


 「戦い自体が負の状態で終わることもなかった」

神代小蒔_004.jpg

 その推測を補佐する証言がある。
 「戦い自体が負の状態で終わることもなかった」という石戸霞の台詞がそれ。

 会話から推測するに、一局まるごと神降ろし状態が続くことは少ないようだ。
 途中で寝て逆転するか、目覚めてもしぶとく粘るパターンがほとんどだったと思われる。
 つまり、それなりの時間を「頑張り屋さん」が戦っていたことになる。

 それでもマイナスがないのだから、凄いことだ。
 「頑張り屋さん」の状態でもある程度戦えないと無理な数字だろう。


 強いとは言えない。
 だが、強くないなりに強豪相手にも踏みとどまることができる。

 それが神代小蒔の強さであり、「頑張り屋さん」と言われる所以ではないだろうか。


 おまけ考察:試合中に眠るという属性

咲全国編05_004.jpg

 麻雀試合中に寝る……というエピソードから思い出せるのは、日本麻雀史において雀聖と呼ばれた阿佐田哲也。ナルコレプシーにかかっていることから、麻雀中に眠ることが多々あったらしい。

 そこに重ねられているということは、神代小蒔は色々と愛されているキャラっぽい。
 (……ただし、愛され方が特殊な気がする。そのため、個人戦で超活躍するかは不明。オチ担当になる可能性も……)


神代小蒔_007.jpg
posted by 真鯛 at 01:21 | Comment(1) | 全国編(考察) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
霧島神宮が巫女服を着るのは理由があります。
霞さんは昨年のミスインターナショナルでグランプリに輝き、その時に着た巫女服が海外で大ウケし、外国人参拝客が急激に増えた。
日本のマスゴミはこの事実を隠蔽し、あまり霞さんにカメラを回しません。
Posted by 名無し at 2014年02月18日 08:28
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。