2014年04月08日

風神と呼ばれる雀明華の風牌を集める能力はどれくらい強いのか?

 世界ランカー「風神」雀明華の特徴は?

雀明華_002.JPG

 世界ランカー雀明華──。

 彼女の手には、毎局風牌3枚が集まるらしい。
 この「風牌3枚が揃うこと」が一体どれくらい強いのか……というのを以下。


 スピードが速い

咲124_002.JPG

 まず第一に速度がある。
 序盤で(あるいは毎回配牌の段階で)1メンツそろっているのは大きい。
 しかも、役ありなので何を哭いても和了れる。

 麻雀を打たない方にはわかりづらいかもしれないけれど、和了れる1翻が最初から確定しているというのは、ものすごいアドバンテージ。


 守備力が高い

雀明華_008.JPG

 意外と見落とされやすいのがこちら。
 風牌三枚があるというのは、ものすごく守備力が高い。

 ……という文章を用意して、ドヤ顔したかったのだけれど先に本編で先に書かれた。


 安牌ゼロの時でもその3枚を切って降りれる。
 単騎と国士無双以外は当たらないので、高確率で安全。
 (ただ、『咲-saki-』の作風を踏まえると、雀明華はその穴を突かれることがありそう。やらしい意味ではなく。同卓の竹井久=悪待ちが「雀明華が3枚使っているはずの地獄単騎」で待って、四枚目を打ち取るシチュエーションがありそうだな……と)


 攻撃力が高い

雀明華_007.JPG

 これがまたインチキ級。
 最初から1翻高いというのは、ものすごく大きい。
 (タンヤオやピンフ、チンイツなどと両立できないのだけれど、それでも得点の期待値は上昇する。最初から字牌暗刻なので符が高いし。そもそもタンヤオやピンフの出現率はそれぞれ20%程度。それなら役牌が暗刻で揃い、確実に1翻高いほうが期待値は高い……はず。マンガン制限に引っかかるまでは1翻上昇=得点期待値が2倍になるということだから、最初から1翻底上げは超強い)


 さらに、ダブ東とダブ南の時がひどい。
 最初から役牌がらみの2翻確定。親で連荘すれば、毎回ダブ東が来る……。

 南場は場風も来やすいらしい。
 ドラ1枚でも絡めば5200級。2枚ならマンガン。


 また、単純計算で34局に1度は極悪ボーナスタイム。
 最初から役牌ドラ3でマンガン確定。
 雀明華の上家は、最初から合わせ打ちして哭かせないようにする必要がある。


 ホンイツがお手軽に

雀明華_005.JPG

 大体配牌で9牌の「字牌と一色」の組み合わせがあったら、結構すぐにホンイツに届くんだけど、その内3枚が揃うことが確定。

 ドラ1でもあればお手軽にマンガンが見える。
 場風も来やすい南場なら、ドラなしでもホンイツ+飜牌×2でマンガン。実に酷い。


 というか、隠し能力にピンズ収集能力がある……?

雀明華_004.JPG

 ピンズのホンイツで三倍満テンパイをしたときに目がハート型になっていた。(「プチプチするものには目がない」という発言から、ピンズのホンイツ好き?)

 このピンズの収集も稀に発動する能力である可能性がある。


 総合として

雀明華_001.JPG

 はっきり言って、雀明華の能力は地味に見えるがチート級。
 速度、守備、攻撃、汎用性どれをとってもそれぞれすごいアドバンテージだし、トータルするとさらにものすごいアドバンテージ。
 しかも現時点ではデメリットがない。


 支配力か相当強力な特殊能力がないかぎり、この圧倒的アドバンテージを覆すのは難しい。

 伊達に「風神」と呼ばれているわけじゃない。
 世界ランカーなのも当然! 超かわいいし。


 


posted by 真鯛 at 05:44 | Comment(8) | 特殊能力、打ち筋の分析 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
久はミョンファから国士をあがるんじゃないかという説が今はやっているけど、ミョンファちゃんのあの「弱点」はあまりにも当たり前で(毎局のように自風を揃っているし)、彼女は本当に世界ランカーである以上、風牌の単騎で狙われるのに完全に慣れているはずです。臨海のメンツにも、何回もやられたはずですし。フラグを立ててしまったのは事実ですけど。

Posted by 橘 at 2014年04月08日 07:07
橘さま
 そんな説流行っているんですねー。
 実はここの管理人、2ch、ふたば、まとめサイトなど、その他多人数が集まるサイトを一つも見てなかったりしますので。(ニコ動くらい?)

 狙われるのに慣れている……から回避できる、というのは現時点では疑問です。理由は簡単で、どういう時に狙われて、どういう時に狙われないかを考えだすと、やっぱり字牌単騎で狙われない時の方が圧倒的に多いからです。また、狙われだしたから別の牌を切るようになるのでしょうが、次はその裏をかかれて普通の牌が危ない、ということになって、結局は牌効率や確率を考えた方が有利になりますので。

 同じ相手と延々うっているとある程度の癖はわかりますが、初対面の相手が自分の特殊能力と相対した時にどう打つか、なんてことまではわからないと思いますし。
Posted by 管理人 at 2014年04月08日 07:23
部長とミョンファちゃんは、両方とも好きだから、どっちかが大量失点するのは見るのがつらい…
Posted by スバラな部長 at 2014年04月08日 08:51
でも霞さんのほうが強くね
Posted by at 2014年04月08日 11:07
スバラな部長さま
 中堅戦、どんなふうに点数が推移するのか楽しみですよね!
 ここまで偏った点差にしてくるとは思ってもみませんでしたので、その意味でいい感じのサスペンスが生まれています。


ななしさま
 霞さんは能力者を通り越して、魔物級ですから。
Posted by 管理人 at 2014年04月08日 17:43
まさか、メリーポ”ピンズ”……
Posted by at 2014年04月08日 21:22
メリー・ポピンズ……傘の人っ!
Posted by 管理人 at 2014年04月08日 22:46
ハート型になってるのはまつ毛で瞳が隠れてるせいじゃない?
Posted by at 2014年04月10日 03:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。