2014年03月30日

永水のおっぱいオバケは── / 咲-Saki-全国編 第11局「胸囲」

咲全国編11_002.jpg

 霞さんの和了は結構不思議。
 この捨て牌で──。


咲全国編11_003.jpg

 和了がこれ。
 捨て牌に七索がある理由が不明なんだけど、これ能力にまつわる何かがあるのかな……。
 それとも、七索を切ったほうが効率的な手順とかあるのかな……?


 和了りまでの最短距離を進める能力もついてたりしたら……。
 いや、さすがにそれは強すぎるか。


咲全国編11_004.jpg

 麻雀のテレビ中継において、カメラの役割はパイを写すものだから、OK。


咲全国編11b_001.jpg

 姉帯豊音の先負は相当強い能力かもしれない。
 「おかげでテンパイできそうだよ」の言葉の意図を汲むなら、「先制リーチをしてくれたおかげで有効牌を引ける」と取れるため。

 つまり、単なる「追っかけて通ったら勝ち」だけではなく、「イーシャンテンの時に先行リーチがあればその直後有効牌を引いてテンパイ」するまでがセットなのかもしれない。


咲全国編11_005.jpg

 この明槓描写、ミスかも知れない。
 と言うのも、この置き方なら咲の和了牌は「本来石戸霞のツモ山」にあった牌になるので。

 それとも「石戸霞の能力は哭いてずらしても同じ」というメッセージなんだろうか。


咲全国編11_006.jpg

 咲のカンにまつわる演出は、おそらく宮永照との対比。
 宮永照と同じく、ツモの時限定ではあるが、咲にも風が生まれる。

 未完のまま一年くらい放ったらかしている宮永照と宮永咲の能力に関する非公開記事があるんだけど、そろそろ書く……かも……。


咲全国編11_010.jpg

 一瞬映っている六索六索六索という暗刻槓材。
 これのおかげで、咲は六索をカンせず、ツモ切りしたことがわかる。


 
posted by 真鯛 at 03:44 | Comment(3) | TrackBack(0) | 全国編(アニメ) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
霞さんの不思議な待ちは、鬼八伝説に因んだものになっているそうです(「44926&45927」というサイト参照)。
Posted by ジャファー at 2014年03月30日 11:49
制約と誓約 的に考えると
先負は1シャンテンで手が止まり先行リーチ者が出ないとテンパれないとかありそうですね。
Posted by at 2014年03月30日 12:55
ジャファーさま
 情報ありがとうございます。
 おー。これは面白い説ですね!
 次回があれば、これで正誤がわかるかもしれません。


ななしさま
 先攻リーチ者がいないと……というのはおもしろいですねー。
 あり得ると思います。
Posted by 管理人 at 2014年03月30日 23:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿が無いブログに表示されております。