2014年05月16日

ん…ずっぽし / 咲-Saki- 第126局「威風」

咲126_001.JPG

 歌えたからか、手がいいからか、全力を出すことにしたからかは不明だけれど、楽しそうな雀明華。
 欧州選手権ではずっとこの笑顔で打ってるのだとしたら、絶対に人気出る。


咲126_003.JPG

 麻雀での慣用句。
 カンチャンが入るときに、「カンチャンずっぽし」と言う。


咲126_004.JPG

 風は守備にも使える。
 だけど「そこを部長に狙われるかも」ってのは分析にあげたとおり。


 関連記事:「風神」雀明華の風牌を集める能力はどれくらい強いのか?


 阿知賀編で強く思ったんだけれど、『咲-saki-』はまずはキッチリ「その能力における基本の展開」を描いてくる気がする。応用を描くのはその後。

 だからこそわかりやすく、沢山の人を魅了しているのだと思ったり。


咲126_005.JPG

 「夏の高校生はあなどれませんね……」ということは、海外にもインターハイっぽいものがあったのだろうか?(海外は9月が始業式というところがおおいのだけど、その直前の時期に大会とかあるのかな?)
 それとも、インターハイにあこがれて日本に来たとか?
 あるいは漫画やアニメなどで知ってたとか?


 なんにせよ、眼に白線入っていない雀明華も可愛い。
 (実はこっちのデザインの方が好き)


 
posted by 真鯛 at 15:13 | Comment(4) | TrackBack(0) | 本編(準決勝) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
夏の高校生云々は2話前の愛宕洋榎と部長の会話から来たものじゃないですかね
Posted by at 2014年05月16日 16:06
完全に忘れてました…………。
Posted by 管理人 at 2014年05月16日 16:10
西くんといいAJといい、プレイ中に笑顔を見せる選手ってのはやはりいいものだ。
どんな競技でもそれは同じなようで。
Posted by at 2014年05月17日 03:28
モナリザの微笑年とか?
Posted by at 2014年06月14日 14:52
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/397173731

この記事へのトラックバック