2014年11月21日

よーすみ よーすみや / 咲-Saki- 第134局「対策」感想

咲134a.jpg

 仮想世界のアバターのどっちは表情があるのがおもしろい。

 つーことで仮説。
 デジタル化は、デジタル世界(あるいは能力世界)の中に入り込み、極限のデジタルで打つ力。おかげで「現実ののどっち」こそが化身っぽくなるため、打牌から気配がほぼなくなり、能力者の察知能力が効かなくなる。デジタル世界の中のアバターのどっちが本体なのだから、アバターの方は表情が豊か。(あくまで仮説。状況に当てはまる可能性として挙げているだけであって、これだと言い切っているわけでもないし、強く推しているわけでもない)


咲134c.jpg

 やっぱり複数テンパイの時に「決闘」したら隣から打たれることが多いのね。


咲134d.jpg

 のよりんかわいい。


咲134e.jpg

 この能力! このシーンを見た瞬間欲しいと思った。
 打った相手がいきなり水着西部劇コスプレになって見えるのよ?
 打ってて楽しいに決まってる!

 あ……でも、現実的には打つ相手はいつも男……うーん……。


 それはそうとプロの分析力はすごい。
 あくまで2人というサンプルだけど、個人個人がフナQ以上の分析力を持っている可能性すらある。(ドラを集める能力およびその制約を見破った三尋木プロなど、基本的に洞察力がすさまじいっぽい)


咲134g.jpg

 由暉子の力がダヴァンの天敵であれば面白いかもと思ったり。

 この画像から「では──」を消したコラを作りたいとおもったことは内緒だ。


 
posted by 真鯛 at 13:37 | Comment(5) | TrackBack(0) | 本編(準決勝) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
絹ちゃんみたいにただ露出するよりは露出とファンシーの絶妙なバランスを湛えたユキちゃんに1票
Posted by at 2014年11月21日 15:01
絹ちゃんいつの間にか眼鏡変えてる?
Posted by 名無し at 2014年11月21日 19:04
 ホントですね。
 西部劇モードの時だけメガネも一瞬変わっています。

 画像にはちらりとしか写っていませんが、エンブレムはタコ。
 どなたかが提唱していた姫松は海産物説が当たりみたいです。
Posted by 管理人 at 2014年11月21日 22:04
小蒔ちゃんなら九七式狙撃銃で遠距離から狙撃、初美ならMP5でフルオートだと思います。
Posted by たぬき at 2014年11月21日 23:15
たぬきさま
 いいですね〜。
 小蒔ちゃんにはダヴァンと対戦してほしいです。個人戦とかで!

 白望、竜華、キャプテンあたりのカウガール姿も見てみたいです。
Posted by 管理人 at 2014年11月22日 00:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/409322399

この記事へのトラックバック