2015年07月17日

アッコロとホヤウ!! / 咲-Saki- 第145局「背戻」感想

咲145_001.JPG

 咲における炎エフェクトは強化&強者の証だというのに、それを両目から出すネリー強い。

 そういやネリーの頭部の宝石は、三つ目のイメージ?
 園城寺怜の「トリプル」のときも、三つ目のイメージがあったけれど、このイメージがそれと重ねられているのだとしたら、あの牌で嶺上開花(コメントの指摘で教えてもらったのですが、あの2ソーはフリテンツモ)というのは先を読んだ結果ということにもなりそう。


 そういや、サザンアイズの新シリーズの新刊が出てた。
 三つ目キャラ……ちょっといいよね。


咲145_004.JPG

 前回の記事でちょっと触れといてよかったー。
 やっぱり、嶺上開花やられた時に、マホの時のこと思い出してたんね。

 関連記事:準決勝大将戦東二局のカン合戦、宮永咲の有効牌はどこへ行ったのか?


 しかし、この思わせぶりなカメラの一コマは……なんだろ。
 右のコマは顔を映さず、「平気だよ」って言ってたけど、実はカメラには泣いてるシーンが写ってたってこと? それとも……将来に、カメラを通して能力を見破ったり、心を見通したりする能力者、あるいは超分析能力者が見ていたってことの伏線?


咲145_006.JPG

 以下、wikipediaより。

 アッコロカムイ:アッコロカムイ(アイヌ語 at kor kamuy、紐(触手)をもつカムイ)は、アイヌ民話に伝わる巨大なタコ。
 ホヤウカムイ:ホヤウカムイは、アイヌに伝わる蛇神。名前は「蛇の神」を意味する。ホヤウまたはオヤウカムイともいう。

 2つともカムイの中でも結構名のしれた大物。(ゲーム関連で時々名前を見る気がする)
 それ故か、咲もものすごく反応してる。


咲145_002.JPG

 ところで、この新キャラさんは誰かいね。
 個人戦の代表決定で、皆して訪れたって感じ?

 キャラの視線から深読みすると、この視線の順で片思い、あるいはライバル視?
 これが自然なシーンの抜き取りだとすると、爽の視線の先にも誰かいるのかな?(「久!」のシーンと同じように)


 
posted by 真鯛 at 08:48 | Comment(3) | TrackBack(0) | 本編(準決勝) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ケツァルカトルとクラーケンっぽい。アイヌ神話壮大ですね。
カメラは後で赤土さんによる映像分析の伏線?
Posted by 名無し at 2015年07月17日 19:12
 ホヤウとアッコロはRPGとかで巨大キャラや中ボスクラスとして描かれるイメージがあります。アッコロは文字通りの大物ですねー。サイズ的にも。

 カメラは……本当なんなんでしょうね。
 形状が似ているのは、ネリーの額のレンズですが、カメラに写っているものを見ることができる能力とかなら、強すぎますし。

 でも、とある理由から、それもありえるんですよね……。(このブログが始まる前からネタを持っていつつも、確証がないのでまだ書いていない考察の一つ)
Posted by 管理人 at 2015年07月17日 22:04
最後の新キャラといってたのは

琴似栄の吉田では?

南北海道決勝の大将戦で爽と戦った
Posted by at 2015年09月08日 01:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/422500461

この記事へのトラックバック