2015年11月06日

靖子が言う牌に愛されてるってこういうことかしら / 咲-Saki- 第150局「追走」感想

咲150_002.JPG
 
 通常のドラ4枚に、赤ドラ4枚。
 これの多さで押し引きを考えるやり方がある。
 
 例えばドラを全部自分で持っていると、相手の打点は低い場合がほとんど。(松実玄は毎回これ)
 その場合、ホンイツ仕掛けやリーチなど、高くなりうる相手以外は、守備はあまり考えなくても大丈夫……と考えて打つやり方がある。
 
 逆に、自分から見てドラが一枚も見えていなければ、守備重視が吉。
 簡単にマンガンまで行かれてしまうので。
 
 
咲150_003.JPG
 
 振り込んでも顔色一つ買えないネリー。
 この後で、竹井久が「少し気になるわ」と言っているのだけれど、これが何を意味するか?
 
 1.振り込むことが発動条件の能力(例えば、相手にそれ以上の打点を与える復讐系の能力)
 2.先を読んだ場合、振り込むのが一番よかった(例えば、この後咲が7ピンを引いてリャンペーコーに変化したり、字牌の良い待ちに変化してリーチをかけ、ツモ上がる未来が見えたなど。なお、末原に差し込み牌はない場合など)
 3.将来を見据えた乱数調整。
 
 あたりかなあ……。
 1の復讐系能力というのがありえそう。
 ネリーのバックグラウンドに踏み込むなら、貧しかったからこそ、それをバネにして強くなったとかありそうだし。(勝っている時には発動しない能力とか?)
 
 
咲150_004.JPG
 
 目から炎を出すキャラは強い。
 咲の文法の一つだけれど、キャラのスイッチが入る時に使われている事が多く、しかもその後それがうまくいくケースがほとんどな気がする。(あるいは上がり時の演出)
 
 
 
posted by 真鯛 at 07:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 本編(準決勝) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
4.今咲達が対局しているのは世界ジュニアのネリーではなく、彼女の双子の兄による替え玉である。なんて事も考えられます。
Posted by たぬき at 2015年11月08日 18:30
 ここ一、二年の某格闘漫画ネタのやつですね!
 そのため、連続で試合をしても、ダメージがリセットされているという。
Posted by 管理人 at 2015年11月10日 22:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/429162769

この記事へのトラックバック