2016年08月06日

未来視対策……? / 咲-Saki- 第163局「炸裂」感想

咲163002.JPG
 
 ○○が降りてくるとか、魔術妖術超能力系の力には反応せずに、麻雀そのものに対して影響力のある、江口セーラ、清水谷竜華、辻垣内智葉あたりだと反応する……とか?
 
 
咲163001.JPG
 
 もしこうしたらこうなって、こうしたらそうなって……という仮定の未来視が自然にできてるのは正直チート。
 これによって、他人の手の内がもっともっと読みやすくなる。(一巡で得られる情報量が増えるため)
 
 例えば今回の例だと、本内成香の手の内には、「切らなかった牌」があることがわかる。
 また、複数名がテンパイしている時や、複数名が哭きを入れたい時は、さらに手の内を読めるようになる。
 
 
咲163004.JPG
 
 なるほどー。
 ダマにしておけば、「リーチをかけられるはずだったのに、哭いてずらされる」ということがなくなる。
 
 また、チートイツを意識して打っていたら、「上重漫は上の方の牌が重なる」というデータを持っている相手に、「下の方の牌」で打ち取ることができる。
 ここらの「自分の特徴を意識した裏のかき方」は、玄「ドラを捨ててリーチ」宥「あえて寒い牌待ち」灼「ピンズの多面待ちでリーチができるのにしない」と、阿知賀編で行われていたりする。
 
 自分の特徴をよく知る相手と何回も打つと、自然とそうなってくるのかも。
 
 
posted by 真鯛 at 15:46 | Comment(1) | TrackBack(0) | 本編(五位決定戦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ところで次鋒の展示品は巻貝(♂)、鶏(♂)、名前だけの部長(性別不明)、男子高校生(♂)


…本格派美少女麻雀?
Posted by at 2016年08月06日 17:46
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/440797289

この記事へのトラックバック