2017年05月19日

より高い方で和了る──!! / 咲-Saki- 第175局「氷炭」感想

咲175004.JPG
 
 氷炭なんて単語初めて見た。
 "氷と炭。相違のはなはだしいものをたとえていう。"とのこと。なるほどねー。
 江口セーラと愛宕洋榎のキャラは全く違うという設定かー。
 
 
 愛宕洋榎の仕掛けは、
 
 二筒:麻雀王国三筒:麻雀王国四筒:麻雀王国四筒:麻雀王国五筒赤:麻雀王国六筒:麻雀王国四索:麻雀王国五索:麻雀王国三萬:麻雀王国三萬:麻雀王国  七萬:麻雀王国七萬横:麻雀王国七萬:麻雀王国
 
 の上で、四萬:麻雀王国を切っている。
 高いのが欲しいなら、リーチして4翻以上を狙うのだけれど、セーラのツモを一巡飛ばせるし、セーラが親だし……ということで哭いたと思われる。
  
 
咲175001.JPG
 
 こういう形、咲において、振り込む人(あるいは和了れない人)によく見かける気がする。
 ドラ多めの多面待ちで、リーチ一択な状況を提示しておけば、振り込んだ人も仕方ないよね、とフォローが行きうるからだと思われる。
 
 
咲175002.JPG
 
 この時の捨て牌は、次の画像を考える時に重要。
  
 
咲175003.JPG
 
 なんで二筒:麻雀王国が切れるのか。謎。
 揺杏の捨て牌を見ても、二筒:麻雀王国が通りそうな気配はないし。
 
 
 手の中に、三筒:麻雀王国三筒:麻雀王国三筒:麻雀王国あるいは、四筒:麻雀王国四筒:麻雀王国四筒:麻雀王国四筒:麻雀王国があった上で、他に安牌がないとか……?
 
 もしくは、凄く高い手をテンパイしていて、不要な二筒:麻雀王国を切らざるをえないのかもしれない。
  
 
 ついでに言うなら、「でしょうね」の言葉も謎。
 政治が良ければ、「鳴かれる牌が解る能力」とかに目覚めるとか?
 
 
posted by 真鯛 at 12:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | 本編(五位決定戦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450028955

この記事へのトラックバック