2017年06月16日

直接対決やと勝率45%ってとこやねんなぁ / 咲-Saki- 第177局「終盤」感想

咲177001.JPG
 
 何を切る、愛宕洋榎編。
 やっぱり、ここから八萬:麻雀王国を二枚落としていくってのは、尋常じゃない。
 当たり牌がわかっていなければ、できないクラスの打ち方。
 
 ちなみに、相手の当たり牌が解る……というのはものすごく強い。
 普通なら押し引きを考えて降りる場面でも、まっすぐ勝負に行ける。
 ズバズバと自由に牌を捨てれる。
 正直、それだけでかなりのチート能力。
 
 
咲177002.JPG
 
 真ん中の子可愛い。
 もうそれだけで千里山好き。
 大阪で個人戦に出てくるのは難しいとしても、これからもちょくちょく登場して欲しい所。
 
 
 というか、大阪の個人戦って誰が出てくるんだろ。
 江口セーラ、愛宕洋榎、荒川憩の三人?
 
 清水谷竜華、園城寺怜、末原恭子とかが出れないのは凄く厳しい。
 
 
咲177003.JPG
 
 多く勝つのは愛宕洋榎で、高く勝つのは江口セーラという漢字っぽい。
 素点比較だと似たような感じになるのかも。
 
 つーても、愛宕洋榎の力を考えると、もっと稼いでいても良いような気もするのだけれど、「当たり牌がわかるかわりに、相手の当たり牌を引きやすくなる」という制約みたいなものがありそう。単純に、当たり牌がわかるだけなら、もっともっと稼げると思うので。(通常なら降りてしまうところでも、どんどん前に進まえるので和了率が凄いことになるはずなので)
 
 
咲177b001 .JPG
 
 実況における紹介の中でも、副将戦における打ち手の中でダントツのエースとして認識されている白水哩。
 実際強いもんなー……。
 
 福岡の強豪で一年生の時からエースということは、愛宕洋榎や江口セーラ級だろうし。
 
 
posted by 真鯛 at 06:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 本編(五位決定戦) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
大阪代表は多分個人も北と南に分かれるから全部で6人のはず
Posted by at 2017年06月19日 21:51
なるほどー。
個人戦もわかれてるんですね。
 
見落としてました。
でしたら、たくさんのキャラが見れるのでいい感じです。
Posted by 管理人 at 2017年06月23日 12:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/450911429

この記事へのトラックバック