2015年02月06日

左手を使ってもいいでしょうか:咲-Saki- 第138局「好機」感想

咲138_001.JPG

 8枚と9枚の違いと、リーチかツモで跳満になって得点がアップするの、どっちが効果的なんだろう。
 個人的には赤を期待して5を残すのが好き。


咲138_002.JPG

 前にも「リーチ7回」とか言ってたから、真屋由暉子にとってリーチは能力の軸っぽい。
 実際、この後、微妙に中二的なセリフで術を発動するわけなんだけど……。


咲138_003.JPG


 「左手を使ってもいいでしょうか」
 近年最高に使ってみたい台詞!
 今度、仲間内で打つときにやってやる……。

 ある意味、「クッ……右手が……」とかの延長にある技なのかも。
 となると、微妙に中二的というか、かっこいいものに憧れる性格描写もこの能力につながっていたっぽい。


 ちなみに、左手ヅモに切り替えて打って上がり切る……というのは『根こそぎフランケン』の3巻にもあったりする。他の麻雀漫画でもありそう。


 追記。
 イカサマ防止のために両手を卓上に乗せないという暗黙の了解が存在する場合もある、ってのを書くの忘れてた。(片手でできるイカサマは難易度高いけれど、両手が使えるならぶっこ抜きなどいろいろできる)

 インターハイでもそれで、基本的には片手しか卓上に出してはならない、ってことかも。
 それの方が真屋由暉子の丁寧な性格ゆえの台詞に合うし。

 ……いや、このまま中二キャラで育ってくれた方が楽しいからいいや。


咲138_004.JPG

 おもちが卓(や麻雀牌)にあたって柔らかく歪む……という描写は、霞さんでもやっていたけれど、1990年代における麻雀ゲームの巨頭『スーパーリアル麻雀』の7にもあったり。

 ちっちゃいけど、卓に載せたエツ子さんのやわらかお持ちが歪む画像がこちら。
 (画像がちっちゃいのは、このブログが麻雀ゲームの紹介が中心だった頃、あえて小さい画像にしてた名残)


WS000113_R.JPG


 『スーパーリアル麻雀』の紹介は、まだこのブログに残っているので、興味のある人はカテゴリからどうぞ。

 カテゴリ:スーパーリアル麻雀


咲138_005.JPG

 ようやく見れた! 全国編エンディングで見れた真屋由暉子のポーズ。
 この演出と、獅子原爽の赤い悪魔っぽい演出があったから、誰かが途中で飛びで終わったりはしない……なんて思っていたんだけれど、よかった。このままちゃんと大将戦が見れそう。

 なお、この対子の並び順、テンパイ時の描写とは違って、8ソーと1ソーが交互に置かれているけど、わざと変えたのかな?
 間違いではないのだとしたら、いつも打っている面子の中に、牌の位置から手の中を読んでくる相手がいるということが推測できたりするんだけれど……。そうなった場合、爽だと推測。


ゆきこ左手.jpg
posted by 真鯛 at 07:48 | Comment(5) | TrackBack(0) | 本編(準決勝) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年01月16日

暗雲低迷でも雲外蒼天 / 咲-Saki- 第137局「辛抱」感想

咲137_004.JPG

 同一状況に対して、「同じ」あるいは「違う」対応を描写する。
 それにより、ひと目でそれぞれの差を伝える漫画(あるいはアニメや映画)の技法。


咲137_006.JPG

 …………!
 のどっち可愛い……。


咲137_002.JPG

 愛宕絹恵がタコモチーフなのに対して、イカっぽいと思ったこの真正面カット。

 本内成香の髪型もそうなんだけど、なんかモチーフがありそう。
 なにかのシンボルに近いのあるとかかなあ……。


咲137_001.JPG

 「暗雲低迷でも雲外蒼天 天が下の萬の事には期あり 萬の事務には時ありだ」

 ……他のブログさん、まかせた。


 今回の話の最後に、「今回白くてラフくてホントすみません…」とありますが、いえいえ、こんな風に描かれているのか……これで単行本と比較して絵の成立過程が見えてくる、と咲好きにはある意味ご褒美です。


咲137_003.JPG

 白糸台フェンシング部……!?
 作者さんあるいはヤングガンガンの編集さん遊んでそうだけど、これはこれでこれからの創作に向けての面白いヒントになるかも。

 集英社っつーかジャンプだと、また「集英○○(会、組など)」かよっ! ってのがあるんだけれど、こうやってヤングガンガンの作品に登場する高校名を統一させていったら、将来ゆるいシェアワールドみたいなものが出来上がって、「ヤングガンガン」ジャンルというのも生まれるかもしれない。(結構そういうの好き)

 モブに他作品のキャラ出してくれるとかすれば、ちょろい我ら読者はひっかかるし!

 
posted by 真鯛 at 12:03 | Comment(3) | TrackBack(0) | 本編(準決勝) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2015年01月05日

私はいつでも真剣なほうの味方だ / 咲-Saki- 第136局「信念」感想

咲136a.jpg

 2015年も「咲さんかわいい」から始められるのはいいことですね!
 今年もよろしくお願いします。


咲136b.jpg

 この言葉から作品を振り返ってみると、長野決勝の片岡優希の思い「諦めた心では見えないものも── 前に進めば見えてくる──!! 気合入れなおしたじぇ!!」や、長野決勝の池田のセリフ「心が折れて弱気になったらくる牌まで弱くなる気がする もし神がいるのなら 前に向かう者を好きでいてくれるはず!」や、インターハイ二回戦の部長のセリフ「ツモがいい… 気持ちを切り替えたら良くなったなんて和に笑われるかな」などに連なるラインが見えて来そう。(あと代行の「見かけが変わると気分も変わって〜 ちゃう自分が出せるようになるかも〜 末原ちゃんはもともと強いんやから〜〜」にも連なってくる)


 そもそも宮永可愛い咲さんの「麻雀って楽しいよね!」が作品の根幹っぽいので、どこまで前向きに楽しんで打てるかってのが最強を目指すためのキーワードになって来そう。


 しかし園城寺怜……。
 好き。


咲136c.jpg

 咲世界の麻雀では、日本勢は海外勢に負けてるっぽい。
 すこやんでも銀メダルっぽかったし。


 智葉は真剣が理想だからこそ、その自身の象徴も「真剣」なんだろうなあ。


咲136d.jpg

 能力を持つものが能力に縛られてしまって、そこで考えを止めてしまう……ってな現象があるようだ。(能力バトルものでの大きなテーマの一つ)

 咲世界で自分の能力を踏み倒して前に進んだ例は少ない。
 長野決勝の山──自分の感覚で打ち始めた天江衣や、阿知賀編の準決勝先鋒戦での山──松実玄が自分の能力喪失を覚悟してまでドラを切ったシーンくらい?(部長が時々、悪待ちと見せかけて普通に打っているけれど、あれは最初から悪待ちを戦略に絡めた変化球……というか見せ球な感じがしないでもない)


 ……ああ。
 もしかすると、こここそが末原恭子が残った原因につながってくるのかも。
 永水と宮守は能力に頼ってしまって、そればっかりだったけれど、末原恭子は最後まで考え、諦めずに対応して変化し続けた。だからこそ、咲も「しかも一番手強い人が残っちゃった………」と言ったのかも。もうプラマイゼロという技を見せてしまったのだから、次は対応されるという恐怖心に絡めて。


咲136e.jpg

 「30円足りひん」がパターンだとすると、姫松敗退時なら3000点差?

 愛宕洋榎、能力者じゃない……と言われていたけれど、「会場来てわかったけど あの臨海のデカブツ まだなんかあるで」と、どうやら感知する何かはあるっぽい。また他の人に能力があること前提で打っているっぽい。


 画像では紹介していないけれど、ダヴァンの頭のなかのセリフに「昔から素でツイてないから ケンカやらデュエルやら真っ暗なのヤラ 変なものに頼らないといけなくなるんデス」と言っているので、その「真っ暗なのヤラ」が愛宕洋榎のいう「なんかあるで」なんだと思われる。


 
posted by 真鯛 at 11:50 | Comment(3) | TrackBack(0) | 本編(準決勝) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年12月05日

でも東横とは戦えないでスシ……… / 咲-Saki- 第135局「攻戦」感想

咲135_004.JPG

 京ちゃんがなんか綺麗になってるんだけど、同時にモブ顔になってる……。


咲135_005.JPG

 ダヴァンの能力に気付いたなら、その能力に対応しようとして手を縮こまらせてしまう。
 先行リーチがかけづらいというのはやっぱり、対応するプレイヤーに不利に働く。(ダヴァンも先行リーチをかけられないが、相手がかけたらすぐに追いかけられるので、トータルとしてダヴァンが有利なのは変わらない)


咲135_001.JPG

 お餅が成長してる気がしないでもない新子憧ちゃん。
 清澄組と阿知賀組がそれぞれ全員映るというすごい貴重な回かも。


 というか、ここでのどっちの打ち筋に関する貴重な情報が!
 個人戦では勝ち抜けを狙って超攻める打ち方をしていたってことは、のどっちの「デジタル」は最終的に勝つことを見据えた上でのデジタルであり、単純に牌効率における最高効率だけを求めているワケじゃないってことだ。(予想があってた)

 「最終的に勝利することを見据えた上での最高効率」が打てるのどっちは、思われている以上に化物級の力であり才能だと思ったり……。


咲135_006.JPG

 銃の決闘と思ったら巨大槍が飛んできたよっ!
 (というか、こんなん飛んできて背中に抜けたら死んじゃうって)


咲135_007.JPG

 東横桃子のステルス対ダヴァンのデュエルは面白い勝負になるかも。
 前半はデュエルが有利。後半はステルスが有利。

 今回は「なんとなく」がキーワード?
 (爽が135局で二回も「なんとなく」を使っている)


 というかダヴァン!
 本当にそんな適当でいいのか!?


咲135_002.JPG

 「ハイ」と応じてるように、ダヴァンまた振り込んじゃってる。
 のどっちのデジタル化は最高効率の打牌なので、普通に打っている分には最も勝つ確率が高い。

 去年は2位抜けがなかったような感じだし、個人戦とコクマは留学生不可という情報も!
 これは、「コクマ編」あるな!(決勝戦が終わった後、「コクマ編」のスピンオフをやらないかなー、という期待があったりする。プロ対高校生が見れるハズ!)


 追記。
 というかダヴァン3年生なのにこの発言ということはっ!
 インターハイが終われば出番なしかもと思われていた、三年生組の登場がありそう!


 
posted by 真鯛 at 06:39 | Comment(5) | TrackBack(0) | 本編(準決勝) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年11月21日

よーすみ よーすみや / 咲-Saki- 第134局「対策」感想

咲134a.jpg

 仮想世界のアバターのどっちは表情があるのがおもしろい。

 つーことで仮説。
 デジタル化は、デジタル世界(あるいは能力世界)の中に入り込み、極限のデジタルで打つ力。おかげで「現実ののどっち」こそが化身っぽくなるため、打牌から気配がほぼなくなり、能力者の察知能力が効かなくなる。デジタル世界の中のアバターのどっちが本体なのだから、アバターの方は表情が豊か。(あくまで仮説。状況に当てはまる可能性として挙げているだけであって、これだと言い切っているわけでもないし、強く推しているわけでもない)


咲134c.jpg

 やっぱり複数テンパイの時に「決闘」したら隣から打たれることが多いのね。


咲134d.jpg

 のよりんかわいい。


咲134e.jpg

 この能力! このシーンを見た瞬間欲しいと思った。
 打った相手がいきなり水着西部劇コスプレになって見えるのよ?
 打ってて楽しいに決まってる!

 あ……でも、現実的には打つ相手はいつも男……うーん……。


 それはそうとプロの分析力はすごい。
 あくまで2人というサンプルだけど、個人個人がフナQ以上の分析力を持っている可能性すらある。(ドラを集める能力およびその制約を見破った三尋木プロなど、基本的に洞察力がすさまじいっぽい)


咲134g.jpg

 由暉子の力がダヴァンの天敵であれば面白いかもと思ったり。

 この画像から「では──」を消したコラを作りたいとおもったことは内緒だ。


 
posted by 真鯛 at 13:37 | Comment(5) | TrackBack(0) | 本編(準決勝) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年11月07日

では始めましょウカ 決闘!! / 咲-Saki- 第133局「決闘」感想

 はいぃ……!?
 思わず先頭カラーを二度見した。

 先っちょが写ってかつ、光り輝いてる気がするのですけど。
 のどっちは天使だから良いか……。

 気になる人はヤンガン最新号を!
 のどっち好きには即保存級のカラーなので。


咲133_002.JPG

 マホと国広一のショットもきわどい。
 マホは完全に履いてないどころか、よーくみると影の付け方が超やばい気がする。


 龍門渕透華が、「和」だけを言い足しているのって、こっそり和の名前を呼びたかったとかだったら萌える。


咲133_003.JPG

 船Q超有能!

 参謀格や分析系のキャラが後ろにいることが多いのって、心理状態が安定しているときに他の者たちのプレイを長くじっくり見れるからってのがあるのかも。(先鋒に参謀格を置いた場合、勝っても負けても試合の興奮が響いてやっぱり分析に影響が出るだろうし)


咲133_004.JPG

 船Qの分析通りなら、ダヴァンの能力は相当に強い。
 1対1のテンパイ合戦なら負けないってことは、速効系の打ち方と組み合わせたらほぼ負けないってことだし、高め狙ってのテンパイで追いついても勝てるってことなので。
 豊音の先負と似たようないやさがあるし、テンパイ時だけとは言え、なかなか振り込まないっつーのは守備能力としてかなり強い。(自動的に当たり牌を引かないっつーことだから)

 仮説だけれど、決闘モードに入ったら、第三者の割り込みも禁じられるとかもあるのかも。(でなければ、「決闘」状態にならない)

 さらに仮説を重ねていいのなら……。
 弱点があるとしたら、そのあるはずのない第三者が割り込んできた時か。(空気を一切読まないのどっちが割り込んで来そう)


咲133_005.JPG

咲133b_001.JPG

 のどっちが見事にやられちゃうんだけど……。
 以前、こんなのどっち分析を書いた。


 関連記事:原村和の「デジタル化」は凄まじく強く、勝つには「能力」を使うしかないという話


 希望を含めて、こう書いた。

 
余談になるが、準決勝副将戦などで、その「ものすごく相性の悪い相手」が出てほしいと思っていたり。準決勝では意地を貫いてボロボロにされ、決勝でも再対戦することになった場合、ブレるのか、それともブレないのか……


 この予想を兼ねた希望がダヴァンの登場で叶いつつある?
 のどっちがデジタル最強である以上、ドラマを起こすにはそのデジタルを揺るがす敵が必要なんだけど……さてどうなるか。


 この「ロン! 12000!!」の西部劇イメージを見た時、「ミリオンシャンテンさだめだ!!」の極限堂対芥川の侍イメージを思い出した。


咲133_008.JPG

咲133_007.JPG

 こんなの。

 麻雀漫画としての「咲-saki-」を追っかける時、「ミリオンシャンテンさだめだ!!」は必読本だと思っているので、興味のある方は。


 
posted by 真鯛 at 13:20 | Comment(1) | TrackBack(0) | 本編(準決勝) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年10月03日

ハロゲイトのアリスみたイナ──… / 咲-Saki- 第132局「恩義」感想

咲132_001.JPG

 今日は珍しくヤングガンガン難民だった……。
 朝、近所のコンビニは全滅。
 でも、エトペンお餅発射台のおかげですべてを許した。


 心安かれ
 恐るるなかれ
 汝死ぬることあらじ

 我が祭物を携えて
 之を汝の前に供えるまで
 ここを去りたもうことなかれ



 …………。
 他のブログに任せたっ!


咲132_002.JPG

 「麻雀はとどめを刺せる時に刺さないとやられる」的な台詞が『ミリオンシャンテンさだめだ!!』の4巻にあったはずなんだけど、現物が見つからない。
 多くの麻雀漫画では、ギリギリまで削った上でわざと生かすと、たいていは逆転される。(咲でも長野県の決勝戦でそれに近いあれこれはあった)


咲132_003.JPG

 あ〜、お餅でぴょんぴょんするんじゃ〜!
 お餅の柔らかさは色々な演出で表現されてきたけど、エトペン発射台のワンシーンだけで、ここまで弾力性が表現できるというのは凄い。

 絹恵ちゃん、キーパーやってただけあって、キャッチはお手の物っぽい。


咲132_004.JPG

 そりゃ女子のインターハイ麻雀が人気になるわ。


咲132_005.JPG


 ハロゲイトのアリス?
 ハロゲイトに住むアリスちゃんってことかいな?
 (不思議の国のアリス、あるいは鏡の国のアリスがモチーフのキャラだとするなら、強制的にオリジナルワールドに巻き込ませて、そこで自由に不思議打ちするとか?)

 このブログは麻雀そのものの考察と、物語構図から見た対比やつながりや隠喩やストーリーの調理法などの分析がメインであって(つーか、それしか出来ん)、地名や知識はからっきし。

 こちらも他のブログに任せたっ!


 なお、和は突端からのどっちモード。
 ダヴァンと絹恵が何かしらの気配を感じているのか、視線を和に向けている。

 オカルトを否定している本人がオカルトじみた存在だという面白さ。
 (『牌賊オカルティ』にも、本人はデジタルのトップに君臨しているにもかかわらず、オカルト打ちから「第六感が強い」とか、内なる熱さを抑えきれずに強引な打ち方をする利積港というキャラクターがいた。利積港は、のどっち、龍門渕透華、福路美穂子のデザインのヒントになってると思っていたり)


 
posted by 真鯛 at 22:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | 本編(準決勝) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
2014年09月05日

これが全国レベルか…ッ!! / 咲-Saki- 第131局「打倒」

咲131_002.JPG

 今回は有珠山の回想回。
 人気プレイヤーはグラビアになったり、雑誌で特集が組まれるという世界の一端が見える。

 特にカラーはかなりの威力。


咲131_001.JPG

 しかし、個人的な注目はこの隅っこの怜。
 正統派美少女っぽくて凄く可愛い気が。


咲131_003.JPG

 チカの能力は上手く機械を作動させる能力!

 冗談ではなく、咲世界はだれしも何かしらの能力を持っている世界だと思っていたり。
 それが麻雀の強さに反映されるものではない、というところに世界の広がりがあると思ったり。
 (余談だけれど、『スクールランブル』の世界も、誰もがこっそり何かしらの力を持っている世界っぽい。主人公の播磨は動物との会話能力。八雲は心を読む能力。天満は奇跡を起こす能力で、一条さんは超絶パワーといったふうに。カメラを除くと恋している女性がわかるってキャラもいたような。高野は描写されてないけど、おそらく八雲の強化版。だから高野は八雲にものすごく目をかけたし、表情の描写のされかたも高野と八雲は似ている感じ。あれも対比の遊びがふんだんに詰められた作品だったなあ)


咲131_004.JPG

 ところで……。
 今号に掲載されている咲世界のグラビア全部、一番前にお餅をお持ちの女の子を置いて、以降お餅の大きさの順な気がするけど、カメラマンさんそれどうなのよ。(有珠山については審議が必要かもだけど)


img_201408_b2.jpgimg_201408_b1.jpg

posted by 真鯛 at 06:35 | Comment(3) | TrackBack(0) | 本編(準決勝) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする